医者

条件がそろう春

春先は冬季うつの延長など季節性の鬱になりやすい状況にあります。イライラやダルさ、不安などの症状が出やすく過眠という睡眠障害も伴います。このケースでは副作用などもない光治療が有効で、症状も比較的早期に治まりやすいです。

詳しく見る

医者と看護師

タイミングを逃さずに

鬱病の治療はさまざまな医療機関で行っており、そのうちの一つが精神科診療所です。さまざまな症状に対して、自分でどうしてなのか分からない、時は受診のタイミングです。それを逃すことなく専門家にかかることが何よりも重要になります。

詳しく見る

病院

意外と難しい休養

鬱病の治療は進化し、様々な治療法を選べるようになってきましたが、どんな方法でも、休養は必須になります。休養の重要性を理解しながら、症状を抑えるために薬物治療などを並行して行っていくことが何よりも大事になります。

詳しく見る

ハート

うつをしっかり治すには

目には見えない心の病ですが、正しく治療をすれば治りますし症状を抑えることも可能です。鬱の治療にはお金も時間もかかりますが、費用については様々な制度を利用して負担を減らすこともできますし、不安があれば医師に相談してみましょう。

詳しく見る

周囲のサポートが重要

聴診器

チェック体制の充実

身体はどこも悪くないのに、とにかくやる気が起きないことがあります。周囲からは怠けているように見られてしまい、困ってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。もしかしたらそれは、鬱病の発症や前兆のサインかもしれません。鬱の症状は個々によって微妙に異なりますが、最も多く表れるのがモチベーションの低下だと言われています。学校や仕事に行くことすら面倒くさくなってしまい、食欲が低下して睡眠不足になってしまいます。とかく自分を責めてしまい、酷い場合は自殺の衝動に駆られてしまうことがあります。それを未然に防ぐには、心療内科に診てもらうことが一番です。専門医やカウンセラーに症状を告げて、適切な対処をしてもらうことが、治癒への一歩と言えます。抗鬱剤を処方してもらうことも可能ですし、睡眠不足対策には安定剤が効果的だと言われています。症状別に有効な対処方法がありますし、安心して受診することが出来るのではないでしょうか。また、短期の入院をして治療にあたることも出来ます。同じような症状の仲間と話すことで、心の奥底にある悩みが解決に向かうことがあります。グループディスカッションやレクレーションを導入する心療内科も増えていますし、あらゆる角度からアプローチしてくれるはずです。かつては好奇の目に晒されることがあった鬱病ですが、現在は誰もが発症する可能性のある国民病になっています。声を上げることで変わることがあるはずです。鬱病の症状は人によって異なりますが、完治を目指す上では早期の発見と治療が鍵になります。話を聞いてもらうだけでも楽になりますし、薬の副作用も少なくなっています。心療内科を信頼して、二人三脚で治癒を果たして下さい。鬱病の平均的な治療期間は、一年〜三年と言われています。この数字だけを見ると悲観的になってしまいますが、大部分の患者さんが治療と仕事を両立させています。精神のバランスが上手く図れるようになると、気分が前向きになり症状がガラリと変わることがあります。そして、ここで重要になるのが周囲の協力体制ではないでしょうか。職場におけるストレスチェックが義務化されていますが、実際に行ったチェックを活かすことが求められています。労働者の状態の変化に気を配って、異常があるのであれば早めの受診を指示するべきです。学校も同様で、スクールカウンセラーの常駐を急ぐべきではないでしょうか。鬱病から社会復帰を果たした方は多いですし、今現在も上手に付き合いをしながら社会生活を送っている方が大勢います。慌てず焦らず諦めないことが基本ですし、気持ちを楽に持つことが重要ではないでしょうか。明るい雰囲気を作ることで、心身がリフレッシュされるはずです。